Original

【眼瞼下垂】まぶたが下がると視力が落ちる!?

視力が低下する原因として近視や遠視などの屈折異常は有名ですが、実はまぶたの変化によっても視力の変化は引き起こされます。

それは『眼瞼下垂(がんけんかすい)』と呼ばれる状態で、まぶたがさがることにより視界が狭まり、視力が低下してしまう状態です。

まぶたが下がってしまう原因は?

まぶたの動きには『眼瞼挙筋(がんけんきょきん)』という筋肉が関係しています。この眼瞼挙筋の動きが悪くなることや、筋肉を動かす神経の不調によって、まぶたが上がりにくくなり眼瞼下垂を引き起こす場合が多いです。

眼瞼下垂は先天性と後天性のものに分かれます。

・先天性の場合

先天性の眼瞼下垂は、眼瞼挙筋の形成不全が原因で生まれつきまぶたが開きにくい状態です。片目に起こることが多いと言われています。

・後天性の場合

後天性の眼瞼下垂には、加齢による筋力の低下が含まれます。加齢性眼瞼下垂や老人性眼瞼下垂と呼ばれます。治療には外科手術が行われます。

また、コンタクトレンズの長期使用や眼をこする習慣も後天性の眼瞼下垂の原因となります。

眼をこする行為は危険

まぶたを動かす筋肉である眼瞼挙筋の縁の部分には『眼瞼挙筋腱膜(がんけんきょきんけんまく)』というものがあります。この膜は剥がれやすく、眼をこするなどの行為は腱膜を剥がす原因となってしまいます。

また、コンタクトレンズ(特にハードコンタクト)の長期使用も眼瞼下垂を引き起こす原因と言われています。コンタクトレンズは眼にとっては異物であり、常にまぶたの裏側に刺激を与えてしまい、こちらも腱膜が剥がれる原因となってしまいます。

頭痛や肩こりの原因にも?

一見関係のなさそうな頭痛や肩こり、これらの原因にも眼瞼下垂は関係していると言われています。また、まぶたが下がってくると見えにくくなり、眉間にシワが寄ってしまうことも。

眼瞼下垂を引き起こさないためにも、眼のこすり過ぎや長期間のコンタクトレンズは控えましょう。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?