Original

コンタクトレンズの外し忘れに要注意!

イギリスから驚きのニュースが入ってきました。27枚ものコンタクトレンズが目に入ったままの女性がいたと話題になっています。

この女性はイギリス在住の60代の女性。目の違和感を感じた女性は、医師にドライアイと目の不快感を訴えます。その後白内障手術が予定されますが、麻酔の際に医師は青い塊を目の中に見つけます。その青い塊は17枚ものコンタクトレンズでした。

合計27枚のコンタクトレンズが見つかる

17枚のコンタクトレンズが見つかり、さらに詳しい検査を行ったところ、さらに10枚のコンタクトレンズが見つかり、合計27枚のコンタクトレンズが目の中から発見されました。

目の中から発見されたレンズ

女性の目の中から発見されたレンズ

手術を担当した医師にとって初めての経験で、本来であれば27枚のレンズが目に入ればかなりの刺激になるはずで通常では考えられないとのコメントが出されています。

落としたと思っていた

なぜこのようなことが起こったのか。女性は35年間にわたってコンタクトレンズを愛用していたようで、外そうとしたところ見つけられなかったという。そのため女性はレンズを落としたものだと思い込み、結果として何枚ものレンズが重なってしまったということ。

ちなみにレンズが発見されたのは右目のみで、左目に異常はなかったとのこと。重なったレンズを外した後はとても快適になったと、女性は話されているいるそうです。

定期検査は必ず受けましょう

コンタクトレンズは購入後も定期的な検査が必要になってきますが、今回の女性は定期検査をまったく受けていなかった様子。もしも定期的な検査をしっかりと受けていれば、今回のような事態は起こるはずがありませんでした。

近年、コンタクトレンズはインターネットでも購入できるなど、とても身近なものになりましたが、使い方を誤ると眼疾患を引き起こしてしまいます。

正しい使用と定期的な検査でコンタクトレンズのある生活を楽しみましょう。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?