Original

難病に指定されている【網膜色素変性症】とはどんな病気?

【網膜色素変性症】という眼疾患をご存知でしょうか?緑内障、糖尿病網膜症などと並び、失明の原因にもなる病気です。4,000人から8,000人に1人の割合で発症すると言われています。

今回のHutPRESSでは、【網膜色素変性症】ついてご紹介いたします。

網膜色素変性症とは

網膜色素変性症は”網膜”という場所で発生する眼疾患です。網膜はカメラのフィルムに例えられるように、外から取り込まれた映像を映す役割をもっています。

眼の構造

網膜には視細胞という映像を電気信号に変換する細胞があり、電気信号に変換された映像は視神経を伝わり脳に届きます。

網膜色素変性症は、この網膜にある視細胞の障害によって発生します。視細胞には網膜の中心部分である黄斑(おうはん)に多くあり、視力や色覚を担当する錐体細胞と、網膜の中心部分以外に多くあり、暗いところでの光の感覚や見える広さを担当する杆体細胞の二種類があります。

網膜色素変性症では、暗いところでの光の感覚や見える広さを担当する杆体細胞から障害が発生するため、暗いところでの見え方の変化や、見える範囲が狭くなったりなどの症状が現れます。

原因は遺伝子の異常

網膜色素変性症の原因には遺伝子が大きく関わってきます。約50%の方に遺伝が見られる他、なんらかの遺伝子の異常が網膜色素変性症の原因として指摘されています。

原因とする遺伝子が多岐に及ぶため、病気の進行についても多岐に渡り、個人差が激しいと言われています。徐々に症状が進行する進行性の病気ですが、進行は緩やかと言われています。

明確な治療法はないが

現在のところ、視細胞を元に戻したりする根本的な治療法方法は確立されていません。ですが、将来的には網膜移植や人口網膜などの治療方法があるとされています。

網膜色素変性症では、暗いところで見えにくくなるほか、明るいところではまぶしく感じたりすることがあります。こういった症状に対するものとして『遮光レンズ』の装用が効果的です。

遮光レンズとは

『遮光レンズ』とは、まぶしさの要因となる380nm~500nmの光(紫外線と青色光線)をカットしながらも、それ以外の光をできるだけ多く取り込むように設計されたレンズです。そのため、全体的に光をカットするサングラスカラーとは別のものになります。

 

元々、網膜色素変性症のまぶしさを感じる方向けに設計されたレンズですが、現在ではまぶしさで困っている多くの方が使用されています。

サングラスよりも効果的にまぶしさを対処したい方などにもオススメのレンズです。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?