Original

広がりにくいバネ蝶番フレームの魅力

ついつい片手でメガネの掛けはずしをしてしまいメガネが広がってしまう、いつの間にかメガネがズルズルと落ちてくるようになった経験などはありませんか?

メガネの掛けはずしではフレームに外に広がる力が加わる為、メガネが広がってきてしまいます。そこでおすすめしたいのがフレームにバネが組み込まれたバネ丁番フレームです。

90度以上開くバネ蝶番

“蝶番”とはメガネの正面であるフロントパーツと、耳に掛かるテンプルと呼ばれる場所を繋いでいる部分のこと。

この部分にバネを組み込むことで90度までしか開かない部分をさらに少し開くようにしてくれます。

そのため、必要以上に外に開く力を軽減し、片手でメガネの掛けはずしを行っても広がりにくくなっています。

おすすめバネ蝶番フレーム“TOROY”

バネ蝶番のほとんどが男性向けのメガネフレームになります。その中でもおすすめのメガネフレームは“TOROY(トロイ)”のメガネフレーム。

1968年に誕生したパイプのマークでおなじみのブランドです。メガネフレームの90%以上がチタンで構成されているので、汗に強く重さを感じにくいフレームになっています。

また、イオンプレーティング処理というメッキ加工が施されているので、メッキも剥がれにくく安心して長期間ご使用いただけるメガネフレームです。

壊れても修理が可能な物も

バネ蝶番フレームが長年ご使用頂いていると、バネが効かなくなってくることがあります。バネ蝶番にはいくつかのパターンがあり、その内のスライドケース方式にはなりますが、店頭での修理が可能になっています。

ついつい片手でメガネを掛けはずししてしまう方、広がりにくいメガネをお探しの方、一度バネ蝶番フレームを検討してみてはいかがでしょうか。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?