Original

おたふく風邪が難聴の原因に!?

日本耳鼻咽頭学会の過去2年間の調査で、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の後遺症により、重い両耳の難聴になった方が14人、片耳の難聴を含めると300人以上の方がいることが分かりました。

おたふく風邪は、ムンプスウイルスに感染することで発症し、感染力の強さから4.5年ごとに全国的な流行が発生します。唾液を分泌する唾液腺の一種である耳下腺(じかせん)の片側、もしくは両側に腫れが生じることが特徴で、発熱、嘔吐、全身の倦怠感などの症状がみられます。

合併症としての難聴

おたふく風邪による合併症の一つに難聴があります。ムンプスウイルスが鼓膜より内側の内耳に感染することで、音を電気信号に変換する有毛細胞に障害が発生します。これをムンプス難聴といいます。

ムンプス難聴は内耳に障害の発生する難聴のため、言葉の理解力が悪化する感音性難聴に分類されます。

一側性(片耳のみにおきる)の難聴の場合が多いですが、稀に両側の高度感音難聴を引き起こす場合があります。

ムンプス難聴の治療法は?

現在のところ、ムンプスウイルスに対する有効な手段はなく、ムンプス難聴に対しても有効な治療法はありません。

有効な治療法はありませんが、予防することはできます。ワクチン接種による予防が可能です。現在のところ、日本でのムンプスワクチン接種は副作用の報告があるため、任意の予防接種になっています。

ですがムンプス難聴になった場合には有効な治療方法がないのも事実ですので、一刻も早い安全で有効性の高いワクチンの登場が望まれます。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?