Original

コンタクトレンズメーカー紹介②【シード】

コンタクトレンズメーカーの紹介第二回目は、日本のコンタクトレンズメーカー『SEED(シード)』です。1951年に日本で初めてコンタクトレンズの研究を始め、”国産コンタクトレンズ”の開発に力を入れているメーカーです。

タイムカプセルに入ったコンタクトレンズ

株式会社東京コンタクトレンズ研究所を前身とするシードは、1972年に国産初のソフトコンタクトレンズ『マイコンソフト』を発売しました。1984年には酸素透過性ハードコンタクトレンズ『マイコンハイO2』も発売しています。

現在のシードブランドになる以前は、マイコンシリーズのレンズを発売しており、1970年に開催された大阪万博のタイムカプセルに収納されています。

1985年にはブランド名を『SEED(シード)』に変更。1987年には社名も『株式会社シード』に変更となりました。

国内一貫生産のこだわり

現在の主力商品である『ピュアシリーズ』は国内一貫生産のソフトコンタクトレンズシリーズ。6段階にも及ぶ全品検査体制を導入し、徹底した品質管理を行っています。

また、国産のシードコンタクトレンズは日本人の瞳に合わせた設計。50年以上にわたりコンタクトレンズの研究を続けてきたシードの強みです。

現在では日本のみならず、中国、インドネシアなどのアジア各国、ヨーロッパ各国にも日本発シードのコンタクトレンズは進出しています。

シードラインナップ

・1日使い捨てタイプ

『1day pureうるおいプラス』

『1day pureうるおいプラス乱視用』

『1day pureマルチステージ』

『Eye coffret 1dayUV』

『ヒロインメイク1dayUV』

『Plusmode 1dayHomme』

『1day fineUV』

・2週間使い捨てタイプ

『2week pureうるおいプラス』

『2week pureマルチステージ』

『2week fineUV』

『2week fine αTORIC』

・ソフトコンタクトレンズ

『SKY』

・ハードコンタクトレンズ

『AS-LUNA』 

『S-1』

『UV-1』

『スーパーHi-O2

『マルチフォーカルO2ノア』

 

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?