Original

視力測定で知っておきたい、いくつかのこと

運転免許などの各種免許更新や、メガネ・コンタクトレンズを新調する際に必須な『視力測定』。正確な視力を調べるためにも、気をつけたいことを今回はご紹介します。

徹夜明け、PCの見過ぎ時は避ける

まず視力測定を受ける場合、徹夜明け長時間のPC作業後などの目が疲れた状態は避けたほうが良いでしょう。

目が疲れた状態で視力測定を受けた場合、強すぎる度数で設定されてしまうこともあります。あらかじめ視力測定の予定がある前日は、6時間以上の睡眠を取り疲れていない状態で望みましょう。

目を細めない

視力測定時に、見えないとつい目を細めて見てしまうことがあると思います。目を細めると『ピンホール効果』といって、目に入ってくる光が収束されて確かに見えやすくなります。

ですが、ピンホール効果で得られた視力は正しい視力ではなく、度数の弱いメガネやコンタクトレンズを掛けることになってしまうので、視力測定の間は目を細めないようにしましょう。

視力測定は午前中がオススメ

視力測定のオススメの時間帯は、目が疲れていない午前中が最もオススメです。夕方や夜もできないわけではありませんが、目の疲れを感じている場合は後日にしましょう。

正しい視力測定で、適切なメガネ・コンタクトレンズを作製しましょう。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?