Original

フレーム選びと視力測定、どちらを先にするべき?

メガネ店に入るのってドキドキしますよね。

やたらと店員さんが話しかけてきたり、必要な時に店員さんが見つからなかったり・・・。

そもそもメガネ店に入ったら最初に何をするといいのでしょうか?

最初に視力測定をするべき

メガネ店に入ったら、まずは店員さんに視力測定をお願いしてみましょう。

フレームを先に選ぶよりも、視力測定を先に行う方がメリットが多いですよ。

・フレームはレンズの種類で決まる!

メガネレンズには近視用・遠視用・乱視用・遠近両用など多くの種類があります。運転の時に使うのか、読書の時に使うのかなど目的によって選択するレンズは変わってきます。

掛けはずしの多い読書用メガネでは破損の少ない【フルリムタイプ】のメガネがオススメですし、遠くから近くまでが一本のメガネで見える遠近両用レンズでは【大き目のフレーム】がオススメです。

選ぶレンズの種類によってオススメするフレームが変わりますので、視力測定を先に済ませることでフレーム選びもスムーズになります。

・思ったより高いメガネにならない!

予想よりも高い金額のメガネになってしまった・・・。メガネを買いに行くとよくありますよね。

レンズの種類によってはフレーム金額よりも高額になることもありますし、ブルーライトカットや防傷コーティングを選ぶとさらにオプション金額が加算されてしまいます。

そこでオススメなのが、最初に視力測定を行いレンズの種類やコーティングを決めておくこと。そのあとでフレームを選択することで、最終的な金額がすぐ分かるようになります。

視力測定を先に行う方が、メガネをお得に購入できるかもしれませんね。

まとめ

メガネ店に入ったら、まずは視力測定を店員さんにお願いしましょう。

視力測定を先に行うメリットは

・フレーム選びがスムーズに!

・出来上がりの金額がすぐ分かる!

また、視力測定からフレーム選びまで1人の店員さんが担当してくれるのでお話もしやすいと思います。視力測定をしたからといって必ず買わなければいけないということもないので、お気軽にお声掛けください。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?