Original

【補聴器用空気電池】水銀0使用の環境にやさしい電池はじめてます。

補聴器をお使いの方はよくご存知かと思いますが、補聴器は空気電池という専用の電池で動いています。

このたび、水銀0使用の環境にやさしい空気電池の取り扱いが始まりました。

補聴器用空気電池に関しては、いくつか注意していただきたいこともありますので、今回はこの記事でご紹介いたします。

補聴器により大きさが違います

補聴器用空気電池には、黄色のPR536(10)・茶色のPR41(312)・オレンジ色のPR48(13)・青色のPR44(s675)の4種類があります。

これは補聴器の形状・大きさによって異なり、小型の耳あな補聴器は黄色のPR546、一般的な耳あな補聴器と耳かけ補聴器が茶色のPR41、大型の耳あな補聴器と耳かけ補聴器がオレンジ色のPR48、ハイパワータイプの耳かけ補聴器が青色のPR44となっています。

※メーカーにより同じ大きさでも異なる場合がありますので、詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせください。

シールをはがしたら使い切りましょう

未使用の状態ではシールが貼ってあります。このシールをはがすことにより、電池は空気を取り込んで発電を開始します。

その後は発電を続けるため、補聴器を使用しなくても電池は消耗していきます。

そのため、一度シールをはがし使い始めたら最後まで使い切りましょう。

冬場は保管場所に注意

空気電池の弱点は二酸化炭素です。石油ストーブやガスストーブなどの近くでは二酸化炭素を取り込み、電池寿命が短くなるおそれがあります。

ストーブなどを使用する場合は、できるかぎり換気を行うようにしましょう。 

環境にやさしい水銀0使用

乾電池などと同じく、空気電池にも保存性を高めるため水銀が使用されていましたが、このたび環境にやさしい水銀0使用電池が登場しました。

 

価格は従来と変わらず税込¥250となっていますので、お気軽にお買い求めいただけます。

また、メガネハットでは使用済みの空気電池の回収を行っています。各店舗にて承っていますので、お近くの店頭スタッフまでお問い合わせください。

 

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?