Original

これからの時期にオススメのサングラスカラー大特集!

本日6月27日は海外では『サングラスの日』となっているそうです。”National Sunglasses Day”として紫外線から眼を守る取り組みを広報しているようです。

日本でも日差しが強くなってきて、あまりのまぶしさにサングラスを掛ける方も増えてくる季節になってきましたね。

そこで今回は「どんなサングラスを掛ければいいの?」という方に、サングラスを選ぶポイントのひとつ、カラーについてご紹介いたします。

コントラスト向上効果のブラウン系カラー

ブラウン系カラー

サングラスにブラウン系のカラーを使用すれば、曇りの日のゴルフやドライブにも重宝します。ブラウン系カラーにはまぶしさ防止効果とコントラスト向上効果があります。

また、ブラウン系カラーは肌に近い色のため肌なじみするカラーです。自然なカラーでオススメです。

まぶしさカットNo.1グレー系カラー

グレー系カラー

グレー系カラーはまぶしさ防止効果が高く、光を平均的にカットするためサングラスとして適したカラーです。自然な視界で日中のドライブはもちろん、マリンスポーツなどでも大活躍間違いなしです。

疲れにくいカラーならグリーン系カラー

グリーン系カラー

グリーン系レンズカラーには赤色と青色を吸収する効果があるため、眼が疲れにくいという特徴があります。コントラストを下げ過ぎず、自然な見え方でまぶしさ防止ができる優れものです。

サングラスで有名なレイバンの定番カラーにもグリーン系カラーは使用されています。

夜間のまぶしさ防止ならブルー系レンズカラー

ブルー系カラー

最近、夜間の対向車ライトが特にまぶしく感じませんか。そんな時にオススメなのがブルー系レンズカラーです。黄色の光をカットする効果がありますので効果的です。

ただ濃い色合いの場合は眼のくぼみや血色の悪さを強調してしまいますので注意が必要です。

紫外線対策だけならクリア系

東海光学ルティーナ

紫外線対策と考えて濃い色合いのサングラスを掛けられる方もいると思いますが、紫外線対策だけなら染色をしなくても対応できます。

日常昼夜問わず使用できますので、サングラスに抵抗がある方はクリア系で眼の保護を!

サングラスでは色の濃さにも注意

同じカラーでも”濃さ”によってまぶしさの感じ方も違います。サングラスの購入を考えている方は、できれば使うシーンの多い天候の日にご来店いただいてお試しになるのが一番です。

「人と同じものはちょっと・・・」と言う方は、メガネフレームを選んで好きなカラーを入れたオリジナルサングラスをお作り出来ます。夜の運転でも使用できる淡いカラーを入れることも可能ですので、興味のある方はメガネハットまでご相談ください。

メガネハット市川大野店

メガネハット市川大野店

市川大野店は、松戸、市川、船橋を結ぶ県道180号線(有料道路)沿いの大野中央病院近くにございます。 パルテノン神殿をモチーフにした店舗には、お求めやすい商品から高機能商品、有名ブランドまで多岐に渡る商品を取り揃えております。 今お使いのメガネのクリーニングや調整にもお気軽にご来店、ご相談ください。 スタッフ一同お待ちしております。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?