眼と耳の健康に関する記事一覧

「聞こえ」の仕組み

普段、意識することなく感じることができる”音”。この”音”の正体は”空気の振動”になります。健聴者であれば0~120dBの音の強さが聞こえます。ですが、加齢やその他障害により聞こえる音の強さは低下してしまいます。

無理なダイエットは難聴の原因に!?

急いで痩せようと思うあまり、無理なダイエットをしてしまうと、難聴を引き起こしてしまうことがあります。 これは『耳管開放症(じかんかいほうしょう)』と呼ばれる病気によって引き起こされる難聴です。今回は『耳管開放症』についてご紹介します。

眼に必要な栄養素を知ろう!

パソコン作業やスマートフォンの操作など、現代人にとっては眼を酷使する時代となりました。 スマホ老眼や眼精疲労を未然に防ぐためにも、眼に必要な栄養素を知って積極的に摂取することが必要です。

片頭痛の前触れは”眼”の状態で分かる!?

ズキズキと頭が痛くなる片頭痛。片側に起こることが多く、定期的に苦しむ方も多いと思います。私自身の経験からですが、頭痛は”眼の状態”と密接に関係していると考えています。今回の記事では、頭痛と眼の状態について、ご紹介していきます。

【決定版】紫外線と戦うあなたへ!

気温の上昇とともに注意が必要なのが『紫外線』。UV(Ultraviolet)とも呼ばれ、美肌や健康の大敵です。 今回の記事は紫外線についての決定版。紫外線の基礎から最新の紫外線対策についてご紹介します。

【眼瞼下垂】まぶたが下がると視力が落ちる!?

視力が低下する原因として近視や遠視などの屈折異常は有名ですが、実はまぶたの変化によっても視力の変化は引き起こされます。それは『眼瞼下垂(がんけんかすい)』と呼ばれる状態で、まぶたがさがることにより視界が狭まり、視力が低下してしまう状態です。

暗いところで物が見えない【とり目】はなぜ起こる?

暗いところでは物が見えない、いわゆる「とり目」といわれる現象。夜盲(やもう)とも言われますが、筆者自身もとり目です。家の鍵穴が見つからず、5分以上格闘したこともあります。先天性と後天性があり、原因がそれぞれ異なります。

見え方と健康~血糖値と視力の関係性~

失明原因となる視力障害で、緑内障と並ぶものがあります。それが『糖尿病網膜症』です。眼は糖尿病の影響を受けやすい場所です。また、糖尿病の治療による血糖コントロールによっても見え方に変化があることが分かっています。

あなたは近視?それとも遠視?

遠くの景色がぼやける、近くの物がぼやける、見えにくいという共通点はありますが、実は原因はそれぞれ違います。近視・遠視という言葉は聞いたことがあると思いますが、眼の中では何が起こっているのでしょうか?

実は30代から聴力は低下する!加齢による難聴の注意点

体力、記憶力、集中力、年齢と共に低下すると言われていますが、聴力も人事ではありません。意外かもしれませんが、聴力の低下は30代頃から始まっていると言われています。

全36ページ中 1〜 10ページを表示
店舗を探す

現在49店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

商品を探す

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

この内容で送信します。よろしいですか?