眼と耳の健康に関する記事一覧

音の聞き過ぎは聴覚疲労の原因に

眼精疲労が体全体の不調や視力低下を引き起こすように、聴覚疲労も体の不調や難聴の原因にもなってしまいます。 大きな音の聞き過ぎや長時間の音の聞き過ぎは聴覚疲労を引き起こす原因になるので注意しましょう。

長時間のデジタル作業が目に与える影響とは?

とある調査では、1日に8時間以上もデジタル機器を使用する人が6人に1人はいると言われています。そのような方たちに共通する悩みは”目の疲れ・充血”。 なぜ長時間のデジタル機器の使用は目の疲れや充血を引き起こすのでしょうか?

文字・活字の日にオススメしたい新しいシニアグラスレンズ

本日10月27日は「文字・活字の日」です。そこで今回は、読書がもっと楽になるシニアグラスレンズを紹介します。本を読んで疲れてしまうのは原因は”老眼”だけではないのかもしれませんよ。

『翼状片』とはどんな病気?

紫外線による影響を受ける眼病の中に『翼状片(よくじょうへん)』と言われるものがあります。白内障や緑内障などと違い、あまり聞きなれない病名ですが翼状片とはどのような眼病なのでしょうか?

カクテルパーティー効果と難聴

私たちの聴覚には聞き取るための便利な機能が備わっています。例えば、電車を待つ駅のホームでの会話や、雑踏の中での少し離れた場所からの呼び声、これらを難なくこなせるのは聞こえのピント調節機能とも言われる『カクテルパーティー効果』のおかげです。

紫外線と同じく近赤外線にも注意が必要です!

白内障などの様々な眼病の原因と言われているのが紫外線。眼の他にも肌にもダメージを与えることが分かっています。また、近年では紫外線の他にも、近赤外線が肌にダメージを与えていると話題になっています。

【心と聞こえ】機能性難聴について

聴覚器官に原因となる疾患がないにも関わらず起こる難聴を『機能性難聴(心因性難聴)』といいます。6歳から12歳頃のお子さんに起こることが多いです。今回は機能性難聴の特徴や、心の不調を原因とする他の難聴との違いについてご紹介します。

おたふく風邪が難聴の原因に!?

日本耳鼻咽頭学会の過去2年間の調査で、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の後遺症により、重い両耳の難聴になった方が14人、片耳の難聴を含めると300人以上の方がいることが分かりました。

難病に指定されている【網膜色素変性症】とはどんな病気?

【網膜色素変性症】という眼疾患をご存知でしょうか?緑内障、糖尿病網膜症などと並び、失明の原因にもなる病気です。4,000人から8,000人に1人の割合で発症すると言われています。

加齢による難聴はなぜ高音域から低下してくるのか?

加齢とともに聞こえが低下する『加齢性難聴』。特徴として高音域の音から聞こえが低下していきます。ではなぜ、加齢とともに高音域の聞こえは低下するのでしょうか?

全61ページ中 1〜 10ページを表示
店舗を探す

現在49店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

商品を探す

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報

この内容で送信します。よろしいですか?