眼と耳の健康に関する記事一覧

難病に指定されている【網膜色素変性症】とはどんな病気?

【網膜色素変性症】という眼疾患をご存知でしょうか?緑内障、糖尿病網膜症などと並び、失明の原因にもなる病気です。4,000人から8,000人に1人の割合で発症すると言われています。

加齢による難聴はなぜ高音域から低下してくるのか?

加齢とともに聞こえが低下する『加齢性難聴』。特徴として高音域の音から聞こえが低下していきます。ではなぜ、加齢とともに高音域の聞こえは低下するのでしょうか?

オススメの疲れ目対策特集

最近はスマートフォンやパソコンを使用する機会が多いと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?仕事で1日中パソコンを使う方や、スマートフォンでのやりとりが欠かせない方、多くいらっしゃると思います。ここでは、疲れ眼対策についてお伝えしていきます。

難聴とも深い関わりのある『メニエール病』とはどんな病気?

言葉の理解力が低下する『感音性難聴』の一つに『メニエール病』が原因とするものがあります。『メニエール病』とは鼓膜よりも内側の内耳よ呼ばれる場所の疾患です。 難聴との関係や症状についてご紹介致します。

ストレスが原因?心因性の視力障害とは

ストレスの影響は目にも出てきます。眼精疲労やまぶしさを強く感じる、視力の低下などが挙げられます。今回は心因性の視力障害について解説します。

疲れ目には温める?冷やす?どちらが効果的?

パソコン作業の増加やスマートフォンなどの普及により、眼精疲労(いわゆる疲れ目)の方が増加しています。体を痛めた時は冷やしたりするのが効果的ですが、目は温めたほうがいいとも言われます。疲れ目にはどちらがいいのでしょうか?

夏のプールは結膜炎に気を付けよう!

夏は花粉症の季節である春に次いで”目薬の販売量”が多い季節。これは目の充血やまぶたの腫れを引き起こす『結膜炎』が流行するためです。

難聴は認知症の危険因子

聴力が低下する“難聴”が認知症の危険因子であると発表され、注目されています。難聴は聞こえ方だけの問題ではないのかもしれません。

コンタクトレンズの外し忘れに要注意!

イギリスから驚きのニュースが入ってきました。27枚ものコンタクトレンズが目に入ったままの女性がいたと話題になっています。

コンタクトレンズは何歳から使用していいの?

メガネハットでもコンタクトレンズを販売していますが、「何歳頃からコンタクトレンズはしていいの?」というお問い合わせをいただくことがあります。コンタクトレンズの使用に、年齢制限などはあるのでしょうか?

全53ページ中 1〜 10ページを表示
店舗を探す

現在49店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

商品を探す

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

この内容で送信します。よろしいですか?