メガネに関する記事一覧

魔法のサングラスレンズ 調光レンズを大特集

サングラスの掛け替えって面倒じゃないですか?車の運転中だけ、お店に入る時ははずさなきゃいけない、カッコつけてると思われそう。今回は、そんなことを考えているあなたにオススメのレンズをご紹介致します。

就活~メガネで好印象を与えよう!~

就職活動で第一印象は大切ですよね! スーツ、時計、鞄、ネクタイ、靴、ベルト等身だしなみは印象を良くも悪くもします。 特にメガネは顔の印象を大きく変えるアイテムですので失敗しないメガネを選びたいですよね。 勿論メガネを掛けていること、掛けていない事は決め手にはなりませんが、汚れたメガネ、古くて変色、変形したメガネは印象を下げてしまうかもしれません。 また、職種によってはメガネを使用できないものやコンタクトの方が望ましい職種もあります、 履歴書の証明写真で使用したメガネと、面接時に印象の大きく異なるメガネも、面接官に顔を覚えてもらえないなどのデメリットが発生する事が有ってあまり良くないそうです。。。 そこで!就活に臨む新しいメガネを作ってみましょう!

この春にオススメ!ゴーグル型メガネ

気温が暖かくなり 外での運動が苦ではなくなってきましたね! 今年の春を満喫するためにオススメなのが、スポーツ時に最適なゴーグル型メガネです。 お顔をしっかり密着するので、万が一の破損やお顔の怪我を未然に防げる優れものです。

それやっちゃダメ!メガネのお手入れ方法間違っていませんか!?

昔のレンズはガラスレンズでしたが、現代のメガネレンズは9割がプラスチックレンズを使用しています。ガラスレンズとプラスチックの違いでメガネのお手入れ方法が変わるって知っていましたか?

球面?非球面?両面非球面?あなたに合うレンズ設計は?

メガネレンズは見た目が同じでも、設計の違いによって”感じ方”が変化します。違和感を感じるのでメガネは使用したくないという方や、コンタクトレンズの時には違和感を感じないけどメガネだと感じる方は一度”レンズの設計”について考えてみては?

遠近両用メガネは大きいレンズで!

遠近両用メガネに関してお客様からお問い合わせを受けるのが、レンズの大きさです。「大きくないとダメなんでしょ」と言われますが、今回の記事ではどれくらいの大きさがあればいいのか解説いたします。

実は高性能、メガネレンズの超撥水コーティング

セットで付いてくるレンズだと、性能がイマイチなレンズかと思うかもしれませんが、メガネハットのセット付きレンズはそんなことありません。メガネは初めての方でも安心していただける機能が付いたレンズなのです。

セルフレームを選ぶ時に注意したいこと

男性、女性、年齢問わず人気のメガネフレームといえばプラスチック素材の『セルフレーム』。ただ、セルフレームを選ぶ際に注意していただきたいことがあります。今回はセルフレームの特徴と選ぶ際の注意点をご紹介します。

メガネ修理のご相談受付中♪

「あっ!大事にしてたメガネが壊れちゃった。 もう捨てるしかないのかなぁ。。。。」 ちょっと待ってください!そのメガネ、まだ諦めないで! お店に持って行ったら直るかもしれませんよ?

プロが教える!メガネの正しいお手入れ方法

メガネを購入いただいたお客様から「メガネのお手入れ方法は?」と聞かれることがあります。 メガネは毎日使うものだから、いつでも清潔に長持ちさせたいですよね。 今回はメガネをいつまでも綺麗に使っていただく方法をご紹介です。

全93件中 1〜 10件を表示
店舗を探す

現在49店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

商品を探す

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報