ITEM 商品情報

※ご注意いただきたいこと
◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
◎少しでも異常を感じたら直ちにレンズをはずして、眼科医の検査を受けてください。

関連記事 blog

コンタクトレンズメーカー紹介①【ジョンソン・エンド・ジョンソン】

2017-09-28 11:00

今回の記事から主要なコンタクトレンズメーカーについてご紹介していきます。第一回は世界シェアNo.1のコンタクトレンズメーカー『ジョンソン&ジョンソン』です。 日本国内のシェアもNo.1、その人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

コンタクトレンズメーカー紹介②【シード】

2017-09-29 11:00

コンタクトレンズメーカーの紹介第二回目は、日本のコンタクトレンズメーカー『SEED(シード)』です。1951年に日本で初めてコンタクトレンズの研究を始め、”国産コンタクトレンズ”の開発に力を入れているメーカーです。

コンタクトレンズメーカー紹介③【ボシュロム】

2017-09-30 11:00

コンタクトレンズメーカー紹介、第三回目はアメリカに本社を置き、現在では世界100カ国以上でコンタクトレンズ、眼科用医薬品、眼科用手術器具を販売している多国籍企業『ボシュロム』です。

コンタクトレンズメーカー紹介④【アルコン】

2017-10-02 11:00

コンタクトレンズメーカー紹介、第四回目は『アルコン』です。コンタクトレンズのみならず、レンズケア用品や眼科向けの医療用医薬品などの製造・販売を行っています。

コンタクトレンズメーカー紹介⑤【メニコン】

2017-10-03 11:00

コンタクトレンズメーカー第五回目は、日本で初めて角膜コンタクトレンズの実用化に成功した日本企業『メニコン』です。 国内最大手コンタクトレンズメーカーの特徴と、独自の取り組みについてご紹介します。

コンタクトレンズメーカー紹介⑥【クーパービジョン】

2017-10-04 11:00

コンタクトレンズメーカー紹介、第六回目はアメリカ合衆国に本社を置く『クーパービジョン』です。日本では2005年からコンタクトレンズを販売、比較的新規参入のメーカーですが、世界シェア第3位、国内シェアも2011年には第2位になっています。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報