眼と耳の健康に関する記事一覧

コンタクトレンズの紫外線対策をご存知ですか?

眼に有害な紫外線、眼に浴び続けると様々な眼病の原因になります。 近年では紫外線カットレンズが普及したことにより、メガネでの紫外線対策は有名になってきましたが、コンタクトレンズでも紫外線対策ができるって知っていましたか?

【ホント?】40歳以上になったら、近視が治った!?【嘘?】

近年、”若者のスマホ老眼”や”30代から始まる老眼”等の話題が耳に入ってきますよね… 若年層から老眼になってしまったらもう大変です! なる前、なった後も目のケアを大切に行っていきましょう! さて今回の話題はそんな”老眼”に関わる記事です。 近視が一時的に治ってしまう!? 本や新聞を読むのに、 “ 『最近、近視のメガネを外した方がよく見えるから、 近視が治った』 “ という声を聴きます。 ですが、これはちょっと勘違いなんです。 なぜ勘違いしてしまうのか?

近視の人は老眼にならないってホント?

40歳ごろから近くの物がぼやけて見えてしまう老眼。はっきり見えるためにはリーディンググラスやシニアグラスといった老眼鏡を使用する必要があります。ところで「近視の人は老眼にならない」なんて説があるのをご存知ですか?

【台風の日に多い!?】疲れ目には蒸しタオル!!

最近台風が多く、気温の上下が激しいですよね。 昨日まで暑かった朝が、次の日には寒くなってる…なんてことも多々あり、 台風のせいで外出ができなくなることも…。 そのせいで、家や会社でパソコンやスマートフォンの使用が増えていませんか? 使っていて「目が疲れたな」と感じることはございませんか? 目が疲れるといったことは、誰もが一度は経験があると思います。 パソコンやスマホの長時間の使用は冷えを招くとも言われています。

水泳でコンタクトって使っていいの?

夏の暑さがぐっと高まり、水泳やダイビング、水遊びのシーズンがやってきました! そこで視力の良くない人が水遊びを満喫するために気になること、それは眼鏡をかけている場合に必ずコンタクトを装用する必要があるのか、 そもそもコンタクトを装用したままでも水中に入って良いのかということです。 水場でのコンタクトには危険が潜んでいます!

今話題の「ICL」とは?①

以前TV番組でHKT48の指原さんが「ICL」の手術を受けたと話題になってましたが、皆さん見ましたか? ICLとは、『眼内永久コンタクトレンズ』のことです。 文字通り目の中にコンタクトレンズを埋め込むんです。 ちょっと前はレーシックが話題になっていましたが、「それと何が違うの?」って思う方も多いかと思いましたので、 ちょっと簡単に説明を。

今話題の「ICL」とは?②

以前TV番組でHKT48の指原さんが「ICL」の手術を受けたと話題になってましたが、皆さん見ましたか? ICLとは、『眼内永久コンタクトレンズ』のことです。 文字通り目の中にコンタクトレンズを埋め込むんです。 ちょっと前はレーシックが話題になっていましたが、「それと何が違うの?」って思う方も多いかと思いましたので、 ちょっと簡単に説明を。

サングラスの色は濃い方がいいの?薄い方がいいの?

サングラスはレンズの色の濃い方が紫外線をより防げると思われている方が 多いのではないでしょうか。 眩しさを防ぐには濃い色のサングラスが有効ですが… 紫外線を防ぐという意味では、有効とは言えない場合があります!

【赤】視力測定の気になるあれ【緑】

突然ですが、皆さんは”視力検査”と言われた際に思いつくのは、健康診断などで行う「C」や平仮名ではないですか?Cの穴が開いているところや、平仮名がぼやけたところが自分の視力だってわかりやすいですよね。ですが…

アイファイン・プレミアムのご紹介

皆さんは人の目がどれほど高性能か知っていますか? 人間の眼は光感度の調節を行いながら物をみています。 なんと15秒間暗い所にいると光感度が上がり、夜には昼の600倍もの光感度になるそうです。 色に対しても優秀で例えば夕陽に照らせられた白い紙を脳と連動して白と認識しています。 よく人間の眼はカメラに例えられることがあります。

全69件中 1〜 10件を表示
店舗を探す

現在49店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

商品を探す

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報