Original

寝たままコンタクトレンズで視力回復!?話題のオルソケラトロジーとは?

最近、TVやインターネットで多く取り上げられるようになった視力回復方法『オルソケラトロジー』をご存知ですか?

『オルソケラトロジー』とは、寝ている間にコンタクトレンズを装用することで近視を回復する視力回復方法です。今回のHutPRESSでは『オルソケラトロジー』の仕組みやメリット・デメリットについてご紹介します。

オルソケラトロジーとは?

寝ている間 コンタクトレンズ

『オルソケラトロジー』とは、専用のハードコンタクトを寝ている間に装用して視力を回復させる”視力回復方法”の一つです。近視の方を対象とした方法で、1960年代から考えられていた方法ですが、2000年代以降から実用化した比較的新しい方法です。

仕組みとしては”眼の表面である角膜を専用のハードコンタクトレンズを用いることで、平らに安定させ、近視などの屈折異常を矯正させる”となります。

メリット

最大のメリットは、日中にメガネやコンタクトレンズが不要になることです。コンタクトレンズも寝ている間に装用するので、日中に必要なことはありません。

また、レーシックなどと違い手術をする必要がありません。角膜を削るレーシックよりもリスクの少ない視力回復方法といえます。

デメリット

コンタクトレンズによる角膜の矯正は永続的に続くものではありません。そのため、毎日就寝時にコンタクトレンズを装用する必要があります。コンタクトレンズを外して時間が経過した場合や、就寝時にコンタクトレンズを装用しなかった翌日などは矯正前の視力になってしまいます。

また、体調などによって効果に差が出るともいわれています。

オルソケラトロジーをするには

眼科検査

オルソケラトロジーをはじめるには取り扱いのある眼科さんでの検査が必要になってきます。また、開始後も定期的な検査が必要なため、出来る限り近隣の取り扱い眼科さんを受診されるのが良いと思います。

注意が必要な点として、すべての方が対象となる視力回復方法ではないということです。対象となるのは-4.00Dほどの近視、または-1.50Dほどの乱視の方で比較的軽度の近視の方などが対象となります。

目安として、スマートフォンや本を30cmほど離してみたときに、画面や文字がぼやけずに見えるようでしたらオルソケラトロジーの効果はあると考えられます。ただ、ガイドライン上ではその他にも決まりがありますので、気になる方は取り扱いのある眼科さんへお問い合わせください。

費用は?

オルソケラトロジー 費用

オルソケラトロジーは厚生労働省の認可を受けた治療法ですが、保険適応外のため自由診療となります。そのため価格については処方される眼科さんによって異なりますが、コンタクトレンズ代金(両眼)と診療代金合わせて20万円前後が多いようです。

コンタクトレンズの耐用年数は3~4年ほどとなっていますので、永続的に行うのであればコンタクトレンズの交換代金も必要となってきます。ただ、オルソケラトロジーは医療費控除の対象になっています。それでも高額なことには変わらないので十分理解した上で行う必要があります。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全50件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報