Original

コンタクトレンズのケアを怠るとどうなる?

コンタクトレンズのケアを怠ったことに由来する”眼のトラブル”が増加しています。インターネットなどで手軽に購入できるようになる一方で、正しいレンズケアを行う必要性が高まっています。

コンタクトレンズの大敵は”汚れ”

コンタクトレンズの”眼のトラブル”で多い原因は、コンタクトレンズの汚れによるもの。コンタクトレンズには様々な汚れの原因があります。

・体の外側から

空気中に漂うほこりやチリ、春先などには花粉もコンタクトレンズの汚れの原因になります。また、女性は化粧品からの汚れも気になるところ。

・体の内側から

コンタクトレンズは涙から水分を補給してうるおいを保ちます。涙にはタンパク質も含まれていて、タンパク質がレンズに付着することで汚れとなります。その他にも、体の中から出る分泌物(脂質やカルシウム)も汚れの原因です。

どのような障害を引き起こすか

正しいケアを怠り、汚れが付着しているレンズの使用をつづけると、眼にキズができたり、そこから細菌が侵入するなどして眼疾患を引き起こす場合があります。

・角膜上皮障害(かくまくじょうひしょうがい)

黒目の部分である角膜のもっとも外側で起こる障害。汚れたレンズの使用をつづけるなどして引き起こされます。初期は異物感やまぶしさ、涙が多く出るなどですが、ひどくなると眼の痛み、充血、視力障害を引き起こすこともあります。

・巨大乳頭結膜炎(きょだいにゅうとうけつまくえん)

上まぶたの内側に、乳頭と呼ばれるブツブツができる、アレルギー性結膜炎のひとつです。変性したタンパク質の汚れに反応することが多いと言われ、レンズの汚れが原因です。眼のかゆみを引き起こし、ひどくなると視力障害を引き起こすこともあります。

正しいレンズケアを

コンタクトレンズのケアの怠りや、誤ったケア方法は様々な眼疾患の原因になります。

・定期的な検査を

購入後、以上がなくても3ヶ月ごとなどに眼科での検査を行いましょう。知らない間に眼にキズが付いている場合もあります。

・装用時間を守りましょう

1日タイプ、2週間タイプなどの装用期間はもちろん、12時間以上の長時間装用はなるべく避けるようにしましょう。

・レンズケースを定期的に交換

2週間タイプやソフトコンタクトレンズ・ハードコンタクトレンズを使用している方は、レンズを保管するケースも定期的に交換しましょう。

 

※ご注意いただきたいこと
◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
◎少しでも異常を感じたら直ちにレンズをはずして、眼科医の検査を受けてください。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全50件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報