Original

【病的近視】強すぎる近視は失明の原因に!?

遠くのものにピントが合わなくなるため、見えにくさを感じてしまう近視。特に日本人(東洋人)は欧米人に比べて近視になる割合が多いと言われます。

近視になる原因は遺伝的要因や環境的要因など様々で、特定が難しいものです。ですが、強すぎる近視が様々な眼疾患を引き起こし、失明に至ることもあることが分かっています。

病的近視という近視

強すぎる近視は“病的近視”と言われ、様々な眼疾患の原因となるほか、失明に至ることもあります。これには近視のメカニズムが関係しています。

近視は眼球の成長と強い関わりを持っています。“軸性近視”と呼ばれる種類の近視では、眼球が成長することで眼軸(眼の表面である角膜から、眼の奥にある網膜までのこと)も伸びていきます。眼軸の長さが長くなりすぎると、網膜でピントが合わず近視となります。

病的近視 軸性近視

眼軸帳が長くなるほど近視は強くなり、眼球は横長く引っ張られるような構造になっていきます。そうなると、網膜や脈絡膜(眼球を包む膜)も引き伸ばされ、眼底と呼ばれる部分に不具合が発生してきます。

脈絡膜新生血管

病的近視と関わりの深い疾患に“脈絡膜新生血管”があります。網膜の中心である黄斑(おうはん)と呼ばれる部分に破れやすい新生血管が侵入することで、視力の低下や見え方の歪み、黒く見えない部分が表れます

現在では、新生血管の発生を抑える薬の注射や、レーザーによる新生血管の凝固などの様々な治療があります。

病的近視の可能性

眼軸の成長は成長期にもっとも見られ、20歳前後まで続くと言われます。ですが、病的近視の眼底の変化を発症する年齢は40代、50代以降が多く、年齢が高くなるにつれ発症率が高くなります。

近視の度合いが-8.00D(ディオプター)を超えると発症率は高くなると言われています。近視の度合いが強い方は、眼科での定期的な検査を受け、早期発見を心掛けましょう。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全50件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報