Original

紫外線と同じく近赤外線にも注意が必要です!

白内障などの様々な眼病の原因と言われているのが紫外線。眼の他にも肌にもダメージを与えることが分かっています。また、近年では紫外線の他にも、近赤外線が肌にダメージを与えていると話題になっています。

健康的な美肌を維持するためには、紫外線と同じく近赤外線への対策も必要になってきています。

近赤外線とは?

私たちが普段浴びている太陽光には、様々な光が含まれています。大きく分類して『紫外線』・『可視光線』・『赤外線』と分類することができます。

・『紫外線』

エネルギーが強く、人体への影響も大きい光線です。一方で地表に届く量は少なく、地表に届く太陽光線の10%程が紫外線です。紫外線は目に見えない不可視光線です。

・『可視光線』

目に見える光のことで、エネルギーの強さにより紫・青・緑・黄・橙・赤と色ごとの波長に分類されます。紫外線と可視光線の境界である強いエネルギーを持つ光を『ブルーライト』と言います。

地表に届く太陽光線の40%を占めています。

・『赤外線』

紫外線や可視光線に比べてエネルギーは弱いですが、遠くまで届く性質があり地表に届く太陽光線の50%を占めます。

赤外線の中でも可視光線に近いものを『近赤外線』、遠いものを『遠赤外線』と分類します。

赤外線が与える影響

前述の通り、赤外線は紫外線に比べてエネルギー自体は弱いのですが遠くまで届く性質があります。人体への影響を考えた場合、”遠くまで届く”という性質が厄介になります。

紫外線が肌表面や浅い部分にダメージを与えるのに対して、赤外線は肌の奥深くまで浸透してしまいます。遠赤外線を使用した調理器具で「中までふっくら」という宣伝を見た人も多いと思います。これと同じ理屈です。

そのため、赤外線は長期間浴び続けることにより体の内部にまでダメージを与えていきます。近年では肌の奥深くにあるコラーゲンを破壊し、美肌の大敵として『近赤外線』が注目されています。

トリプルカットレンズで近赤外線対策

現在、日焼け止めの中には近赤外線カットの機能がプラスされているものが販売され、注目されています。メガネレンズでも同じように、紫外線だけではなく近赤外線をカットするレンズが販売されています。

・東海光学『トリプルカットレンズ』

従来の紫外線カットレンズでも防ぎきれなかった近赤外線を約50%カットすることに成功。シワやたるみなどの光老化から目もとを守ることで、美肌効果はぐんと高まります。

・『トリプルカットサングラス』

度なしのサングラスでお使いの方にはこちらもオススメ。白内障予防や白内障術後にも最適な薄いカラーのサングラスです。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全50件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報