Original

メガネのお湯洗いはNGです!

めっきり寒くなってきて、冷たい水での洗い物が大変な季節になってきましたね。お湯を使って洗い物をされている方も多いと思いますが、メガネのお湯洗いはNGです!

メガネの寿命を縮めてしまう行為なので気を付けましょう。

プラスチックレンズの弱点は“熱”

現在、メガネをお使いの方の90%以上が、プラスチックレンズを使用されています。昔はガラスレンズも多かったのですが、違和感の原因となるゆがみの少ない設計のレンズを安価に製造できることや、薄型レンズの開発によりほとんどがプラスチックレンズとなりました。

ですが、プラスチックレンズも万能ではなく、弱点は“熱”です。レンズ表面には傷を防止するコーティングや、水を弾く撥水コーティングが施されていますが、熱を加えることにより剥がれてしまいます。

お風呂での使用や、お湯での水洗い、料理の際の熱風によっても剥がれてしまうので冬場は特に注意が必要です。

昔はそんなことなかったのに?

プラスチックレンズを長年愛用されている方で、最近のメガネレンズは特にコーティングが剥がれやすくなったと思っている方もいるかもしれません。

これはレンズコーティングの種類が多くなったためと考えられます。以前は傷を防止するハードコートと呼ばれるコーティングだけであったものが、現在では反射防止コートや撥水コートなど、コーティングの種類がかなり増えました。

メガネの機能が増えた分、熱によるダメージが分かりやすくなってしまったのかもしれません。

メガネ専用のクリーナーをお使いください

レンズのコーティングを維持し、長期間愛用していただくためにもメガネ専用のクリーナーをご使用いただくことを推奨します。

軽く吹きかけていただき、サッと拭くだけで汚れを落とせます。固いもので拭いたり、力強く拭くとレンズに傷が入ってしまうので気を付けましょう。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報