Original

コンタクトレンズを装用してのお風呂は大丈夫!?

最近ではコンタクトレンズの性能も大きく進歩し、長時間の装用でも乾きにくく、着けているのを忘れてしまうほどのレンズが多くなってきています。

ただ、眼の充血や異物感がなくても”十分に注意が必要”な時があります。そのうちの一つが”お風呂”です。コンタクトレンズを装用したままのお風呂は、注意するべきことがいくつかありますので覚えて覚えておきましょう。

お風呂は装用したままで大丈夫!?

そもそも、お風呂の時にコンタクトレンズは装用したままでいいのでしょうか?

インターネットなどで調べてみても、大丈夫と言っているサイトもあれば、危険と言っているサイトもあります。つまり”リスクはゼロではないけれど注意したほうがいいことがある”といったことでしょうか。

では、コンタクトレンズのお風呂での注意点はどんなことがあるのでしょうか。

お風呂での注意点

・コンタクトレンズの変形

室内が高温になるお風呂やサウナでは、コンタクトレンズが乾燥・変形する可能性があります。(特にサウナでは確立が高くなりますので、サウナではコンタクトレンズは外すようにしましょう)

そのため、コンタクトレンズを装用したまま顔をお湯に浸けたりしないようにしましょう。

・石鹸やシャンプーによるダメージ

石鹸やシャンプーが目に入ってしまった場合、裸眼であれば十分に洗い流すことも可能ですが、コンタクトレンズを装用したままでは上手く洗い流せないこともあります。

石鹸やシャンプーを使用するときだけ、コンタクトレンズを外すことは難しいので十分に注意しましょう。

まとめ

コンタクトレンズを装用したままのお風呂は禁止されているわけではありませんが、レンズの乾燥や変形の可能性がある他、石鹸やシャンプーが目に入ってしまうリスクもあります。

かといってメガネを装用することもオススメできません。お湯などの熱や石鹸・シャンプーはレンズのコーティングを剥がしてしまったり、フレームの錆びの原因にもなります。

メガネ店ではお風呂用の出来合いメガネ(近視・遠視に対応!)が多く販売されていますので、そういった製品をお使いになるのがいいのではないでしょうか。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在49店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在49店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報