Original

今話題の「ICL」とは?①

最近芸能人の方が「ICL」の手術を受けたとテレビで話題になっていましたが、皆さんご覧になられましたか?

ICLとは、『眼内永久コンタクトレンズ』のことです。

文字通り目の中にコンタクトレンズを埋め込むんです。


ちょっと前はレーシックが話題になっていましたが、それと何が違うの?って思う方も多いかと思いましたので、

ちょっと簡単に説明を。


【レーシック】

・表面にレーザーでフラップを作ります。

※フラップ=表面を薄くめくる箇所を作る


・その後角膜を高精度レーザーで「削り」ます。


・「削る」量で視力を矯正します。


価格両眼で20~30万くらい


【ICL】

・角膜横を3mmほど「切開」します。


・そこからICLを挿入します。


・その後、虹彩と水晶体の間に移植(固定)します。


中に入ったレンズは肉眼では見えません。


価格両眼で60万前後くらい


と、このような違いがあります

この「ICL」は「レーシック」に比べると良い所が多く有ります。


そんな「ICL」の良い所を次に投稿するでご紹介!!


続き↓


関連記事



メガネハット四街道大日店

メガネハット四街道大日店

四街道駅から大日五差路を右に少し入った所に「メガネハット四街道店」はございます! 外観は美容室と見間違えてしまう程とってもオシャレ♪ 店内におきましては、四街道では当店のみ取り扱いの哀川翔プロデュースの「SAMURAI翔」や、豊富な数の「Rayban」も取り揃えております! また、、店舗にない商品も在庫の確認ができますので商品名と品番がわかるようであれば、お気軽にお電話にてお問い合わせください! また、眼鏡のみならず補聴器も取り扱っております!お手頃価格の商品から最新デジタル補聴器まで、「Nikon」「SIMENS」「PHONAK」「GNResound」4社を取り扱い! 私店長「蜂谷」とベテラン「鈴木」が誠心誠意対応させていただきます! 是非ご来店ください。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全52件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報