catch-img

日本の視力「1.0」はアメリカだと「20/20」?!





私たちは視力を表す際に「1.0」や「0.7」を用いていますが、実は視力の表し方は国によって異なり、アメリカでは視力を分数で表します。






分子を「20」とするのは20フィート(約6メートル)離れた指標が見えているかどうか判断するためで、これが見えて「20/20」つまり「1.0」と表すことができます。

20/40だと、40フィート(約12メートル)で見えるべきものが20フィートまで近づかないと見えないという意味で、「0.5」。

逆に、20/10だと、10フィート(約3メートル)で見えるべきものが20フィートからでも見える ということで、「2.0」になります。


これは医療分野だけでなく航空分野でも用いられています。もし、アメリカの航空会社でパイロットとして働きたいと思っている方。

面接官から「How is your eyesight? (視力はいくつですか)」と聞かれた際には、「I have one point zero vision.(1.0です)」ではなく、ぜひ「I have twenty-twenty vision.(1.0です)」と答えてください。


アメリカは様々な単位が独特ですが視力もまた独特ですね。


下記は各国での視力の表し方です。



 日本 
アメリカ
ヨーロッパ
2.0
20/10
6/3
1.0
20/20
6/6
0.8
20/25
6/7.5
0.5
20/40
6/12
0.4
20/50
6/30
0.2
20/100
6/30
0.1
20/200
6/60


HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在47店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在47店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。