Original

あなたは近視?それとも遠視?

遠くの景色がぼやける、近くの物がぼやける、見えにくいという共通点はありますが、実は原因はそれぞれ違います。近視・遠視という言葉は聞いたことがあると思いますが、眼の中では何が起こっているのでしょうか?

近視も遠視も”屈折異常”

近視・遠視は見ようとするものに対してピント(焦点)が合わない”屈折異常”と呼ばれる状態です。眼の構造はカメラと近い構造になっており、眼の中に入ってきた光は角膜・水晶体というレンズを通って、網膜と呼ばれるフィルムへ投影されます。

この時、レンズが入ってきた光を曲げてフィルムに投影させますが、何かの原因によりフィルムまで映像が届かない、またはフィルムを通り過ぎてしまっているのが”屈折異常”と呼ばれる状態です。

近視とは?

近視の状態とは、フィルムまで映像が届かずにいる状態のことです。フィルムに該当する網膜まで届いていませんのでぼやけた映像になってしまいます。原因は主に二つです。

近視

・軸性近視

角膜や水晶体のレンズが光を曲げる力に対して、眼球の大きさ(眼軸)が大きすぎることにより網膜まで映像が届かないため起こる近視です。

軸性近視の場合は、比較的強い近視になる場合が多く、メガネやコンタクトレンズなしでの生活が困難になることが多いです。また、遺伝的要因も多いと言われています。強い近視の場合は”網膜剥離”という網膜が剥がれてくる病気になることもあるので注意が必要です。

・調節系近視

眼球の大きさではなく、レンズの光を曲げる力が大きすぎる場合に起こる近視です。近くのものにピントを合わせる場合、眼の中の筋肉が働きピント調節作業を行います。近くへのピント調節が多くなってくると、遠くを見たときにもピント調節が完全には解けず残ってしまいます。これが調節系近視のメカニズムです。

近くを見ることが多くなってくる就学後のお子さんがなることが多く、環境的な要因でなる近視と言われています。ただ、軸性近視もですが遺伝的要因と環境的要因をはっきり区別することは難しく、軸性近視が原因か調節系近視が原因かの判別も難しいのが現状です。

近視への対応は?

眼球の成長は10代が最も大きく、20代前半頃に落ち着くと言われています。そのため、環境的な関係もありますが、20代前半までは近視が進行しやすいと考えたほうがいいと言われています。

近視の矯正には凹レンズ(オウレンズ)を用いたメガネ・コンタクトレンズを使用します。

 凹レンズ

-1.00などのマイナス表記のついたレンズになり、ピントを遠くに移動させ網膜に映像を写します。物を小さく見せるレンズですので、メガネを装用した場合は眼が小さく見えたり、輪郭が内側に寄るなどします。

遠視とは?

ピントが網膜の手前に来る近視とは違い、遠視ではピントが網膜を通り越してしまいます。近視ほどぼやけて見えるわけではないですが、遠くも近くもピントがズレてしまっているのが遠視の状態です。近視と同じく、軸性と調節系に分かれます

遠視

お子さんに多い遠視

遠視の特徴として、お子さんに多いという特徴があります。これは光を曲げる力に対して眼の大きさ(眼軸)が小さすぎるため起こる軸性遠視で、眼の成長不足のため起こります。

成長と共に眼の成長も追いつき、改善されるケースが多いですが、ある程度強い遠視の場合には見え方が十分に発達せず”弱視”になる場合もあります。細かい作業をしたがらない、集中力に欠けるなどの状態は遠視の症状でもあるので注意が必要です。

ただあまり心配になり過ぎず、早期発見と早期対応により改善されることがほとんどですので安心してください。

遠視への対応は?

遠視の矯正には凸(トツレンズ)レンズを用いたメガネ・コンタクトレンズを使用します。

 凸レンズ

+1.00などのプラス表記がついたレンズになり、ピントを手前に移動させ網膜に映像を写します。物を大きく見せるレンズですので、メガネを装用すると物が大きく見えたり、輪郭が外側に離れたりします。

遠視=老眼ではない

凸レンズは老眼鏡にも使用されるレンズです。そのため、遠視と老眼が同じものだと思いやすいですが違います。遠視の場合は”遠くのピントもずれている”状態ですが、老眼の場合は水晶体というレンズが弾力を失ってきたため”近くのピントが合わない”状態です。

遠視があり老眼もあるという方は遠視の矯正をしたうえで、老眼の矯正を行う必要があります。また、近視の方の場合も近視を矯正したうえで老眼の矯正を行う必要があります。なかなか自分に合う老眼鏡がないという方は一度ご相談ください。遠視や近視が隠れている場合があります。

1年に一度は視力測定を

見え方は遺伝や環境など、様々な要因から日々変化します。また紫外線やブルーライトなど眼に有害な光も多数存在します。1年程でも見え方が大きく変化してしまうことも少なからずあります。

メガネハットでは無料の視力測定を行っています。気になる方は、一度ご来店されてみてはいかがでしょうか?

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報