catch-img

急増中の加齢黄斑変性症をご存知ですか?

昨今、加齢黄斑変性症という眼病を患う方が増加しています。ご存知でしょうか?

もともと欧米での発症が多い病気で日本では少ない病気だと言われてきましたが、日本国内での患者数が9年間で2倍と年々増加傾向にあります。

視力の低下を引き起こし失明の恐れもある加齢黄斑変性症、年々増加する理由と対策についてご紹介します。

加齢黄斑変性症とは?

上の図でも説明していますが、カメラのフィルムにあたる網膜という部分の中心に位置しているのが黄斑という場所です。この黄斑が加齢による障害により物が歪んで見えたり、見えない場所(暗点)が出てくるといった症状がでてきます。

この加齢黄斑変性症、片眼での発症が多いというのが特徴です。眼には両目で見ることによって、片眼の見えにくさを補う機能が備わっています。そのため、片眼での発症ではなかなか症状に気づきにくいという危険性があります。

そのため上の図のようなチェックシートを用いた、片眼ごとのセルフチェックを日頃から行うようにしましょう。

なぜ急増しているのか?

先ほど欧米での発症が多く~と記述させていただきましたが、日本での急増理由として食文化の欧米化(野菜・魚中心の食生活から肉類中心の食生活への変化)が考えられています。

また、近年PCやスマートフォン、LEDライトから発生する”ブルーライト””HEV”も原因の一つと言われています。

他にも喫煙や高血圧も原因と言われており、日本人の生活スタイルの変化と密接な関係があることが分かってきました。

治療法と効果的な予防とは

 最近になるまで効果的な治療はありませんでしたが、現在では薬を眼に注射する方法やレーザー治療などがあります。ですが網膜の下に新しい血管ができる「滲出型」と違い、黄斑の組織が萎縮する「萎縮型」には効果が期待できません。

患者数が急増する中で効果的な予防方法も分かってきています。

①”ルテイン”を含む緑黄色野菜やサプリメントの摂取

原因である肉類中心の生活、これは血中の酸化が関係しています。”ルテイン”という色素には網膜を保護する役割、酸化防止機能があります。このルテインを日常的に摂取することが大切です。

②”ブルーライトカット”のメガネを着用

もう一つの原因である”ブルーライト””HEV”。こちらはメガネで対策をとることができます。紫外線に次ぐ刺激をもつブルーライトやHEVは紫外線カットでは対策できません。加齢黄変性症の予防にもブルーライトカットメガネの着用が効果的です。

ルテインを保護するメガネレンズも

予防方としてご紹介した色素”ルテイン”、紫外線によって損傷してしまうことが分かっています。せっかく食事やサプリメントで摂取しても、ルテインが損傷してしまっては仕方がありません。

そこでご紹介したいのが紫外線からルテインを保護するメガネレンズ『ルティーナ』です。

ルティーナは白内障の原因である紫外線はもちろん、酸化ストレスやルテイン損傷の原因であるHEVにも効果的です。

眼の健康を考えたアイケアデザインのスタンダードレンズ、ルティーナ。メガネハットでは効果を実感できるデモンストレーションを行っています。気になる方はお近くのメガネハットへ相談してみてはどうでしょうか。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報