Original

【入門】ソフトコンタクトレンズは【使い捨て】【通年タイプ】どっちがいいの?

~ソフトコンタクトレンズの種類と特徴について~

 

最近暑い夏が続きますね。

太陽が眩しい中の外出にはサングラスを掛けたいですよね…


しかし、度が入っていないサングラスはメガネユーザーからしたら使いにくいですし、

いろいろな機能を付けた度入りサングラスは価格が上がってしまいます。



太陽がまぶしい日にしか使わない人にとっては手痛い出費となってしまいます。。。


そこで今回おススメするのはコンタクトレンズです!


コンタクトレンズを使用すれば、度入りのサングラスではなくても快適な視生活を送ることができます!


初めてコンタクトをする人にとっては未知の領域ですし、種類が色々あって困ってしまいますよね。


ですので簡単にコンタクトの種類を説明したいと思います。


※コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。



使い捨てタイプ=【1DAY】【2WEEK】


使い捨てタイプのコンタクトレンズは1DAYタイプ2WEEKタイプが主となります。

コンタクトレンズは汚れてしまうと使えなくなってしまいます


1DAYタイプを1週間使い続けたり、2WEEKタイプを1ヵ月使い続けたりしてしまうと、

目に汚れ等が大量に入ってしまい、最悪目の病気になってしまう可能性がでてきてしまいます。



ですので装着期限をよく守り、正しく使いましょう!


それではメリットとデメリットを見ていきましょう。

【1DAY】


メリット:洗浄・保存のお手入れ不要 毎日新しい清潔なレンズ スポーツの時だけ等スポット使用もしやすい

デメリット:毎日使うと2WEEK・通年タイプよりコストが高い



【2WEEK】

 

メリット:1DAYよりコストが安い 2週間で新しいレンズに交換するので衛生的

デメリット:毎日のお手入れ(洗浄・保存液の交換)が必要


となります。


2WEEKタイプは洗浄などのケアが必要になってきます。


そして2WEEKよりもさらに長く使えるものがこちら!


通年タイプ=【コンベンショナル】

【通年タイプ】



メリット:1DAY・2WEEKよりコスト安い メーカー保証付き(1年間に1度新品に交換可能)、使い捨てタイプでは対応できない度数(乱視・強度数)にも対応している商品もある。


デメリット:使い捨てしない分、毎日のお手入れ(洗浄・保存液の交換)を念入りにする必要あり、保証期限外で紛失・破損した場合再度購入の必要がある。


今では使い捨てタイプが主流となっていますが、通年タイプも根強い人気があります!



まとめ



初めての方であれば、コンタクトの扱いに慣れる意味でも【1DAY】がおすすめで衛生的!


付け外しなど扱いに慣れてきたら【2WEEK】や【通年タイプ】へ変更するとコストが安くなります!



あなたの生活スタイルに合ったコンタクトレンズが見つけるためにも、

是非一度お近くのメガネハットで相談してみてはいかがでしょうか。


お近くの店舗はこちら!



※ご注意いただきたいこと
◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。
◎少しでも異常を感じたら直ちにレンズをはずして、眼科医の検査を受けてください。


関連記事




メガネハットのコンタクトレンズ




メガネハット 水海道バイパス店

メガネハット 水海道バイパス店

みなさまの つらいお悩み かいけつします いつでも どうぞ お気軽に うんめいのメガネにであうかもV(^_^)V

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全51件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報