視界の中に黒い糸くず!?飛蚊症は病気のサイン?

強くまばたきをした時や、ふとした時に視界に黒い糸くずや透明のゴミのようなものが見えたことがありませんか?こういった現象は『飛蚊症』と呼ばれる状態のことです。

飛蚊症はあらゆる年代の方が感じるものですが、原因としては病気とは関係のない”生理的飛蚊症”と眼の怪我や病気から発生する”病的飛蚊症”に分けられます。

生理的飛蚊症の原因

眼の構造はよくカメラで例えられるように、レンズの役割をする角膜・水晶体、フィルムの役割をする網膜などがあります。そしてレンズからフィルムまでの間、眼球の中の大部分を占めるのが、”硝子体(しょうしたい)”と呼ばれるものです。

眼の構造【硝子体】

硝子体は透明でどろっとしたゼリー状のものです。ほとんどが水分ですが、コラーゲン繊維も含まれています。

生理的飛蚊症の原因は、加齢による硝子体の濁りと、水分と繊維の分離があると言われています。この生理的飛蚊症は病気由来ではないので安心できますが、自然と濁りがなくなるわけではないので、自然に治ることもありません。

病的飛蚊症の原因

病的飛蚊症の場合、以下の原因が考えられます。

・網膜裂孔、網膜剥離

フィルムに該当する網膜に穴が開く網膜裂孔、網膜が剥がれてしまう網膜剥離が生じると飛蚊症の症状が現れます。

網膜剥離は、ボクサーなどの眼に物理的衝撃を受ける人がなる他、加齢や糖尿病の合併症である糖尿病網膜症なども原因となります。

網膜裂孔は網膜剥離の前段階として多く、網膜は痛覚がないので痛みを感じません。そのため自覚することが難しいですが、視力低下などを引き起こし、放置すれば失明につながります。

網膜裂孔はレーザーによる治療を行い、網膜剥離は手術による治療を行います。

・硝子体出血

網膜にある血管から硝子体に出血する、硝子体出血によっても飛蚊症の症状が現れます。出血を引き起こす原因としては、外傷や高血圧、糖尿病があげられます。

硝子体出血が発生すると、初期は飛蚊症などの症状が現れる他、視力低下も起こってきます。

・ぶどう膜炎

ぶどう膜炎は眼の中に炎症を起こす病気です。免疫異常や細菌・ウィルスによる感染など、原因は多岐に渡りますが、特定は難しいとも言われています。

症状としては、飛蚊症や視力低下、かすみががったような見え方になる、まぶしく感じるなどのことが起こります。基本的には薬による治療を行っていくようです。

迷ったら病院へ

飛蚊症の原因は多岐に渡ります。生理的な原因も多いですが、特に高血圧や血糖値の高い人などは病的原因も考えなければいけません。

また、普段健康な方であっても、ボールを眼にぶつけたりなどの眼に衝撃があった場合は、一度眼科を受診されるのがオススメです。網膜などは痛みを感じないため、知らない間に網膜剥離になっているなんてことも。

まずは迷ったら眼科を受診するようにしましょう。早期発見、早期治療が重要になってきます。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報