Original

見え方と健康~血糖値と視力の関係性~

失明原因となる視力障害で、緑内障と並ぶものがあります。それが『糖尿病網膜症』です。眼は糖尿病の影響を受けやすい場所です。また、糖尿病の治療による血糖コントロールによっても見え方に変化があることが分かっています。

糖尿病と糖尿病網膜症

『糖尿病網膜症』は緑内障と同様に失明原因の上位を位置する視力障害です。眼の中のフィルムに該当する『網膜』部分に起こる障害です。

糖尿病、すなわち血糖値の上昇は血流のブドウ糖(グルコース)の増加を表しています。血流のブドウ糖が増加すると、血液がドロドロ・ネバネバした状態になっていき、血液の流れが悪くなっていきます。

この血液の流れの変化が眼の中の網膜(カメラのフィルムに該当する場所)で発生すると、新しい血の流れを作ろうとして、新しい血管(新生血管)を作り出します。

新しく出来た血管は脆く、出血しやすい血管です。新生血管の出血が眼球全体に広がったり、網膜が剥がれる網膜剥離を引き起こすことがあり、これにより視力の低下や、最悪失明にいたる結果となります。

糖尿病網膜症は避けられないか?

糖尿病網膜症の発症は糖尿病発症後、数年から10年ほどかかると言われています。糖尿病網膜症の予防に重要なのが血糖コントロールです。

また、定期的な眼底検査も効果的です。眼底検査を行うことにより、眼底出血や網膜剥離、緑内障などの眼の病気が調べられるほか、動脈硬化や脳腫瘍の推察もできると言われています。

眼底検査

眼底検査では自覚症状がない段階から眼底の出血を判別できる大事な検査です。

眼底検査

白内障にも要注意

糖尿病の方は白内障になるリスクが高いので、こちらも注意が必要です。

『80代の発症率ほぼ100%!白内障の最新事情』

血糖値が高くなると、レンズの役割をしている水晶体にも糖の一種が溜まりやすく、かつ酸化ストレスの影響を受けやすくなってしまいます。

そのため、白内障の進行スピードが速く、発症する年齢も早まります。

血糖コントロールで見え方が変化することも

血糖コントロール

糖尿病の治療、糖尿病網膜症の予防に効果的な血糖コントロールですが、眼球を満たす房水や水晶体内の血糖値が低下することにより、水晶体と房水の間に浸透圧の差が生じて見え方が変化すると言われています。

特に血糖コントロール開始直後に起こりやすく、元に戻るのに一ヶ月ほどかかると言われています。見え方が変化したからといって、メガネを作ってもご満足いただけないこともありますので、注意が必要です。

眼だけではなく体全体の確認を

糖尿病に由来する、糖尿病網膜症などの視力障害は早期発見が重要になってきます。初期の自覚症状はほとんどないため、些細な変化を気にかける必要があります。

検査方法である眼底検査では、眼の変化と共に体の変化も調べることができます。ぜひ、定期的に自身の健康チェックをしてみましょう。

HutPRESS編集部

HutPRESS編集部

メガネハットの最新情報・お得情報から、メガネ・コンタクトレンズ・補聴器の最新情報、業界情報をいち早くお届けしています。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全49件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報