Original

【ホント?】40歳以上になったら、近視が治った!?【嘘?】

近年、”若者のスマホ老眼”や”30代から始まる老眼”等の話題が耳に入ってきますよね…

若年層から老眼になってしまったらもう大変です!

なる前、なった後も目のケアを大切に行っていきましょう!


さて今回の話題はそんな”老眼”に関わる記事です。


近視が一時的に治ってしまう!?

 

本や新聞を読むのに、


“ 『最近、近視のメガネを外した方がよく見えるから、
近視が治った
』 “


という声を聴きます。


実際に治られる方も少なからずいらっしゃいますが、

ほとんどは勘違いなんです。


なぜ勘違いしてしまうのか

勘違いしてしまう理由の一つとして、近視の方はメガネを外すことで、手元が見えやすくなることが挙げられます。


40歳以上になると、普通の人は老眼鏡が必要になりますが、

近視の人は近くを見るときは、メガネを外した方がよく見えるようになります。


これはいわゆる老眼ですが、

近視の人も、近くを見るためのメガネ(目に合せた老眼鏡)を掛けた方が、裸眼よりも断然見やすくなります!


近視の眼鏡で、近くのものを見る時に、少し離さないとピントが合わなくなった…。


近くのものを見る時に、ピントが合うまでに時間がかかるようになったかな…。


近視の眼鏡を外さないと、近くは見えにくいな…。


メガネハットのシニアグラスはこちら



こんな症状が出始めた方。
是非、お近くのメガネハットにご相談下さい!


お近くのメガネハットはこちら!


関連記事


メガネハット市川大野店

メガネハット市川大野店

市川大野店は、松戸、市川、船橋を結ぶ県道180号線(有料道路)沿いの大野中央病院近くにございます。 パルテノン神殿をモチーフにした店舗には、お求めやすい商品から高機能商品、有名ブランドまで多岐に渡る商品を取り揃えております。 今お使いのメガネのクリーニングや調整にもお気軽にご来店、ご相談ください。 スタッフ一同お待ちしております。

現在48店舗、店舗展開中!

メガネハットは千葉・茨城・埼玉の関東を中心に現在48店舗を展開中。
ニーズに応えるプロの技術とサービスの提供を心がけ、「メガネを買うならメガネハット!」の輪を広げ、お客様から深く愛される店づくり・会社づくりを日々追及しています!

定番のモデルから流行のモデルまで

メガネハットのハットはHUT(小屋)という意味です。華美な内装を抑えてお客様に少しでも良い商品を安くご提供したいという私共の願いです。
この創業当時からの思いは変えず、お客様のニーズにお応えできるよう、良い商品を低価格で、お客様のライフスタイルに合わせ、きめ細かい対応、商品をご提供できるようにいたしました。

検索

注目記事ランキング


補聴器特集

全51件中 1〜 5件を表示

アーカイブ

商品情報

企業情報

コンテンツ情報

その他情報